SSブログ
English Version
3D_printer ブログトップ
前の5件 | -

TL866II用防塵キャップ [3D_printer]

 低価格で多機能なROM WriterであるTL886II Plusを久々に使ったところ、下図のようなエラーが発生してしまいました。
 ROMのピンとゼロプレッシャー(ZIF)ソケット間の接触不良のようでROMを何回か入れ直したらエラーが出なくなりました。

TL866IIで発生したエラー



 このROM Writerはページプリンタの上にずっと置いていたので上面に薄っすらと綿ゴミが積もったことが接触不良の一因かもしれません。

 そこでZIFソケットにゴミが積もらないようにカバーを作ってみました。

TL866IIのZIFソケット用カバー



 透明のPETGで出力し、実機に装着した様子が下の写真になります(色付きのフィラメントの方が良かったかも・・でも交換がめんどいw)

ZIFソケット用カバー装着状況



★追記 2021/08/19 {
 コネクタ部分のキャップも作ってみました。取り外し用の切り欠き(下図の下部)を下側にして装着します(逆でも問題ありませんが外観的に切り欠きが目立たない方がいい)。
 出力する際のフィラメントは柔軟性があり積層間の強度が高いPETGを推奨します。

TL866用コネクタキャップ(CAD)



 実機に装着した状態が下の写真です。
 コネクタの部分を塞ぐと放熱効果が低下しそうですが元々発熱が少ないので問題ないと思います(使用する場合は自己責任でお願いします)。

TL866用コネクタキャップ

}

 必要とする人はほとんどいないと思いますが、stlファイルを下記のリンクからダウンロードできます。商用利用以外であれば自由に使用可能です。
★Ver0.03 2021/08/19 コネクタ部のキャップを追加
★Ver0.02 2021/08/14 文字パターンを「TL886」から「TL866」に修正

nice!(0)  コメント(0) 

半田ケースキャップの修理 [3D_printer]

 ずっと前(学生の頃)から使っていた半田ケース(糸半田購入時のケースそのもの)のキャップに亀裂が入ってしまいました。
 購入から何十年も経っていますが、いまだに値札までついていますw

 長年使っていて愛着もあるので、接着剤を使って修理しようとしましたがビニール系の素材なので接着剤では中々くっつきません・・・

破損した半田ケースのキャップ



 このキャップは本体にネジ構造で結合していてこの部分がめんどうそうだったので暫く放って置いたのですが久々に3Dプリンタを使いたくなり夜中に採寸してCADに入れてみました。
 使用した DesignSpakMechanical には任意の面をらせん状に押し出す機能もあり、ネジ部分もあっさり作成できました。

キャップの構造(CAD)



 3Dプリンタは静音化済みなので夜中に出力してみたところ、ネジの部分もピッタリで、PETGのフィラメントを使ったので強度も十分にありそうです。

 1~2回の修正を予想していたのですが、予想に反して一発で完成です。

 3Dプリンタは素晴らしぃ^^

新調したキャップの半田ケース



★2021/05/01 追記
 キャップ部分の拡大写真を追加しました。

キャップ部分の拡大




nice!(0)  コメント(0) 

Rakuten Mini用バンパーの制作 [3D_printer]

 楽天が勝負をかけた格安の電話サービスでRakuten Miniを入手しました。
 本体は小型ツルツルで結構滑り易いのでバンパーを作ってみました。

 バンパーはシンプルな構造で外枠を囲むだけです。
 TPU等のフレキシブルなフィラメントの方が衝撃吸収性がいいのでしょうが黒い本体にマッチする色のものが手持ちで無かったのでPETG等でも出力できるように少しマージンを持たせたサイズにしています。

Rakuten Mini用バンパー(CAD)


 PETGでの出力例が下の写真です。
 もともと電源スイッチが不用意に押されてしまうことがあったので、このバンパーを付けることで若干押し辛くなっていい感じです。

PETGでの出力例



 STLファイルは下記からダウンロード可能です。商用目的以外であれば使用可能とします。



nice!(1)  コメント(0) 

フィラメントクリップの試作 [3D_printer]

 フィラメントをドライボックスに入れて保存する場合、フィラメントが絡まないように先端をきちんと固定しておく必要があります。

 私はドラゴンクリップ(Smaller Universal Filament ClipのOriginal側のようなクリップ)を使っていましたがリールの淵で固定すると邪魔になることがありました。
 TwitterでFilament Clip V8を見かけ、湿気たフィラメントの場合、カーブのところで折れてしまうとのコメントがあったので改善版を作ってみました。

 PETGの弾力性を利用してクリップするようにしていますが、コンパクトなサイズに収める(特に上方への出っ張りを無くす)ため、バネ部分の下に0.4mmの隙間を設けて分離する試みをしています(PETGはレイヤ間が結合し易いので多めに隙間を開けている)

 また、出力物の穴サイズは小さくなるのでかなり大きめにしていますので3Dプリンタの環境によっては影響が出るかもしれません。

フィラメントクリップ(CAD)


 上述のように出力物は3Dプリンタ環境に依存する部分があるかもしれませんが私の環境ではPETGでレイヤ幅0.2mmの出力でうまく機能しています(サポート無しで出力し、バネの部分が分離できて動くことが重要)

フィラメントクリップ



下記からダウンロード可能です。商用目的以外であれば使用可能とします。
★20201006 Ver0.01a
 余分なバリがあったので修正

nice!(0)  コメント(0) 

コインホルダーの製作 [3D_printer]

 財布の中のコインのエントロピーが高く(混沌としている)、買い物の際に手間がかかってしまいます。

 コインホルダーをネットでざっと検索してみると卓上用ものが多くありますが携帯性の良さそうなものは思ったよりも少なく、下記のようなものが見つかりました。
  1. 「日記というほどでも」のブログの【STL】コインホルダー
  2. MakerBot thingiverse の Japan Yen Coin Holder
  3. 「デジこもの好き」のブログのTPUフィラメントで作ったコインホルダー

この中で最もコンパクトな a でも私の安い財布には入りません・・・

 そこで a の方式を参考にさせて頂き、なるべくコンパクトになるように再設計してみました。壁厚も最小限にしているので表裏で文字の高さを合わせるとスライス結果が透けてしまいますw

コインホルダー(表側) コインホルダー(裏側)


コインホルダー(全体図)


 収納可能なコインの枚数は下表の通りで合計で1566円です。



 実際にコインを収容した状態が下の写真です。
 実際使ってみると財布が少し分厚くなりますが(ペラペラよりはいいw)想像以上に便利でした^^

コインホルダー出力結果(表側) コインホルダー出力結果(裏側)


 今回作成したコインホルダーのSTLファイルは下記からダウンロード可能です。
 商用目的以外であれば使用可能とします。
★2020/09/23 Ver0.02b
 ・1円部分を更に改善
★2020/09/22 Ver0.02a
 ・1円をよりスムーズに出せるようにした
 ・全体的に角を丸くしコンパクト化した


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 3D_printer ブログトップ