SSブログ
English Version
その他 ブログトップ
前の5件 | -

本ブログ内の画像が表示されない場合の対処について その2 [その他]

 「本ブログ内の画像が表示されない場合の対処について」のブログで本ブログでの画像が表示されない問題について書き、仮対策としてブラウザ(Chrome)の設定での対処方法を書きました。

 この問題の本質的な解決方法は画像ファイルをhttpsでアクセスするように変更することですが、このためにはhttps対応のwebサーバー環境が必要になります。
 現在のレンタルサーバーは1997年からレンタルしているものでホームページという意味合いよりもこのブログの画像ファイルの置き場所として使っていますが、httpsに対応していないので上記のようにブラウザの設定で仮対処していました。

 しかし、現在のサーバーはhttpsに対応していないばかりか、今となっては機能対費用の観点でもかなり割高になってしまっていますので無料SSL対応で容量が100GB程度の安価なレンタルサーバーを探してみました。

サービス名称プラン名称初期費用月額料金容量無料SSL転送量
StarServerライト100円 ※2275円160GB対応無制限
LOLIPOP!ライト1,650円330円160GB対応500GB/日
CORESERVERV1 CORE-MINI無料218円200GB対応無制限

※1 料金は2021/06/11現在の税込価格で月額は1年間契約した場合の平均月額で算出
※2 2021/7/8 18:00までのキャンペーン価格です

 上記の一覧での比較では似たりよったりの感がありますが、2週間の無料お試し期間のあるStarServerを現在お試し中でSSLや各種設定もブラウザ操作で簡単にできました(WordPressも簡単に導入可能なようですがまだ試していません)。

 直近の10個の記事について画像ファイルのリンク先をStarServerに変更済みで、問題ないか評価中です。
 問題が無いようであれば、レンタル契約を行い、ブログ記事全体の画像ファイルのリンク先を変更(今のところ、手作業で記事毎に変更)する予定です。


★追記 2021/06/21
 本ブログで使っている画像表示スクリプトで画像データのリンク先を新サーバ側にしても問題無いようなのでStarServerのレンタルサーバを1年間分契約しました。
 記事内画像ファイルのリンク先変更作業は折を見て行っていきます。

★追記 2021/07/03
 あまりメンテしていなかった旧サーバのホームページを新しいレンタルサーバに移行した際にアクセスカウンタを自前で作成しました。
 珍しくテキストベースのカウンタなのでこのブログの左上のプロフィール欄にも付けてみました。

★追記 2021/07/04
 追加したアクセスカウンタはカーソルを当てると1日分のアクセス数をポップアップ表示するのですが、この値は管理画面で表示されるカウント値の半分くらいの値でしたorz

 主な原因はスマホ用ページのアクセスがカウントできていないためだと思われます。
 SSプログではスマホのレイアウト設定画面で内容変更に対応していない(PC用及び携帯用のレイアウト設定では内容変更できる)ため、カウンタのCGIの埋め込みはできないようです。
 暫く、様子を見てみますがアクセスカウンタとして機能しないようであれば削除するしかないですね^^;


[TOP] [ 前へ ] 連載記事 [ 次へ ]

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TL866II アダプタのスイッチ交換と半田吸取器 [その他]

 「SuperSimpleController(その4)ALUの検討」の記事で書いたように低価格で多機能なROM WriterのTL866II Plusで27C4096(256K x 16bit)より大きなROM(42ピン)を書き込む際はアダプタを使っています。

TL866II Plusでアダプタを使ったM27C322書込み状況



 しかし、このアダプタは下の写真のようにDipスイッチが上側でON(='0'の状態)になるため、スイッチ左側にあるシルク印刷の内容"1/0"と矛盾するので1/0を頭の中で反転して設定する必要がありました。

TL866用アダプタの問題点



 Dipスイッチを単純に180度回転して付け直すとスイッチ番号の順番とスイッチの下にシルク印刷してあるアドレス番号の順番が逆になってしまうので違和感が出てしまいます。
 そこでAlliexpressで適当なスイッチを探して購入しました。このスイッチは下側でON(='0'の状態)なのでシルク印刷の内容と一致し以前のように設定時に脳内で反転する手間が不要になります。

交換用のDipスイッチ



 交換後の状態が下の写真です。スイッチは下側が'0'の方が直感的にも違和感がなく、操作し易くなりました。
 操作方法はなるべく直感に即した方がミスの発生確率が低くなるからねぇ^^

スイッチ交換後のアダプタ



 また、twitterのTLで見かけたシリコンチューブ付き半田吸取器の真似をするためにAlliexpressで注文していたシリコンチューブが届いていたので従来から使っている半田吸取器の先端に付けて、今回のスイッチ交換作業で使ってみました。

届いたシリコンチューブ



シリコンチューブを付けた半田吸取器



 使用した感想としては、吸引した半田くずを出し辛くなる(最悪、ピンセットでつまむと取り出せる)けど、吸引時に密閉されるので吸引力は結構アップします。
 半田ごてのこて先が隙間なく入るようにシリコンチューブの先端にスリットを入れることで更に使い易くなりました。

先端の拡大



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

手持ちのROM [その他]

 「Z80GALの構想(その13)プリント基板完成」の記事でZ80のシングルボードの開発について書きました。このボードではGALを使って回路の簡略化を行い、PLD(programmable logic device)の便利さについて改めて実感できました。

 最近、大きめのEPROMをルックアップテーブルとして使うことでロジック情報を書込んで何かを作りたいなぁと考えています。

 下の写真は手持ちのEPROMの一部で、左側からM27C322(2M x 16bit)、M27C800(1M x 8bit or 512K x 16bit)、W27C512(64K x 8bit)のメモリを2個づつ並べてあります。同じタイプのものは同じショップで同時に購入しています(最近レールに入ってくるケースが少なくなったように感じる)
 同じ容量でもシリコンチップの大きさがずいぶん違いますね。

 また、右端のアダプタはTL886 II Puls用のM27C322を書込み可能にするものです。このアダプタにより上記写真のUV-EPROMが27C4096タイプとして書き込むことが可能になります。

手持ちのEPROM(容量が大きめのもの)



★追記 2021/02/16
 上記の27C322 27C160 27C800 27C400 Adapter for TL866はDIPスイッチが上側でON(この時GNDに接続されるので0のレベルになる)なのでシルクに書いてある 1 | 0 と逆の状態になります。
 シルクの1と0を逆に考えて設定するか、DIPスイッチを180°回転させて取付けなおす必要があります。

 ebayやAliExで見るDIPスイッチ式の製品はスイッチ上側でONになるようなので同様の問題が発生するはずです。

TL886用の大容量UV-EPROM用アダプタ


★追記 2021/06/04
 「TL866II アダプタのスイッチ交換と半田吸取器」の記事にアダプタのDipスイッチ交換に関して記載しました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

テスターの修理 [その他]

 購入時期は数十年前ですが、秋月さんで買ったテスターをずっと愛用していました。
 最近どうも調子が悪くなり、調べてみるとテスターリードが下の写真の黄色丸で囲んだ部分で断線しかけているようです。

秋月さんで購入したテスター


 交換用のリードを秋月さんで探したところ、13cmくらいものはありましたが、同じくらいの長さ(9cm位)のものはありませんでした。
 長いものであれば以前、蟻さんから購入したリードが2セットあったのでそれと交換しようかと迷いましたが、この短いリードスティックには愛着もあり、長いものに交換するとバランスが悪くなる感じがした(そもそもケースに収まらなくなる・・滅多に収めてないけどね)ので断線部分を修理することにしました。

 断線しかけている部分を切断してスティック側を切開して銅線をむき出しにし(左下写真)、リード線側と半田付けしました(右下写真)

銅線むき出し 半田付け


 半田付け後、切開部分に戻し(左下写真)、グルーガンで周りを固めました(右下写真)

半田付け部分を元に戻す グルーガンで固定


 最後に収縮チューブで保護して出来上がり^^
 収縮チューブをヒートガンで熱した際にグルーガンで固めた樹脂も再成形され、いい感じで固まります。

 強く引っ張ると断線しそうだけれどこれで暫くは使えるかなぁ~

収縮チューブで仕上げ


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

本ブログ内の画像が表示されない場合の対処について [その他]

 このブログでの画像表示は別サイトに保存した画像ファイルを自作のJavaScriptを使って表示しています。
 この度、Windows10のパッチが自動適用された後、ブラウザ(Google Chrome Ver 86.0.4240.75 64bit)でブログ内の画像が表示されなくなってしまいましたので、原因と対処についてのメモ書きです。

  • 原因
     上記ように画像ファイルは別サイトからhttpでアクセスしています。
     この別サイトがhttpsに対応していないためhttpでアクセスしていますが、今回のWindowsアップデートによって本ブログ内のhttps対応ページからhttpサイトへの参照が禁止される設定に変更になったため、画像が表示されない状態になっていました。

  • 対処
     本ブログで使用している画像ファイルをhttps対応のサイトに移動すればいいのでが、今現在その環境がありません。
     そこで仮対処として本ブログのurlに対するChrome設定として本ブログからhttpサイトへの参照を許可する設定(下記)に変更することで本ブログ内の画像が表示されるようになります。


【対処方法】
  1. URL表示部のアイコンをクリック
     本ブログを表示した状態でChromeのURL表示部の左側のアイコンをクリックします。

    Chrome0.png


  2. 「サイトの設定」をクリック
     表示されるメニュー内の「サイトの設定」をクリックします。

    ChromeMenu.png


  3. httpサイトへの参照を許可
     表示される設定項目の中の「安全でないコンテンツ」の項目を「許可」に設定します。

    Chrome1.png



[TOP] [ 前へ ] 連載記事 [ 次へ ]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - その他 ブログトップ