SSブログ
English Version

SuperSimpleController(その2) [OriginalCPU]

 「SuperSimpleController」の記事からだいぶ時間が経ってしまいましたがデータバス幅を4bitから8bitに拡張したオリジナルCPUを検討しています。

 上記記事で書いた Super Simple controller ではROM内のデータを使用してLCDを制御しましたが、同様な仕掛けを利用して命令コードの一部をアドレスとすることで命令コードに添った制御信号の時系列情報をROM内データとして格納することで命令をディコードするようにしています。

 下図は概要図で、赤色の信号が各種命令に従ったROM内に格納された制御信号になります。なるべくチップ数が少なくなるように考えましたが今後変更するかもしれません。


オリジナルCPU(Simple8Z)概要ブロック図
★2021/04/10 追記
 「回路図とパターン設計」の記事にブロック図のアップデート版を掲載しました。


 「手持ちのROM」の記事でも書いたように16bit幅のROMを数種類準備しましたが、現段階では命令ディコード用としてM27C1024(64K x 16bit)を使用する予定です。大容量のROMですが利用するメモリ領域は先頭の256 x 16bit部分だけですw
 ALU自体もROMを使って実現する予定で8x8の乗算にも対応したかったのですがチップ数が増えそうなので乗算は割愛しました。

 制御信号のタイミング等の詳細は今後検討していく予定ですが、まずはリセット直後の動作について検討中です(これが結構難しい=面白い)。


[TOP] [ 前へ ] 連載記事 [ 次へ ]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

手持ちのROM [その他]

 「Z80GALの構想(その13)プリント基板完成」の記事でZ80のシングルボードの開発について書きました。このボードではGALを使って回路の簡略化を行い、PLD(programmable logic device)の便利さについて改めて実感できました。

 最近、大きめのEPROMをルックアップテーブルとして使うことでロジック情報を書込んで何かを作りたいなぁと考えています。

 下の写真は手持ちのEPROMの一部で、左側からM27C322(2M x 16bit)、M27C800(1M x 8bit or 512K x 16bit)、W27C512(64K x 8bit)のメモリを2個づつ並べてあります。同じタイプのものは同じショップで同時に購入しています(最近レールに入ってくるケースが少なくなったように感じる)
 同じ容量でもシリコンチップの大きさがずいぶん違いますね。

 また、右端のアダプタはTL886 II Puls用のM27C322を書込み可能にするものです。このアダプタにより上記写真のUV-EPROMが27C4096タイプとして書き込むことが可能になります。

手持ちのEPROM(容量が大きめのもの)



★追記 2021/02/16
 上記の27C322 27C160 27C800 27C400 Adapter for TL866はDIPスイッチが上側でON(この時GNDに接続されるので0のレベルになる)なのでシルクに書いてある 1 | 0 と逆の状態になります。
 シルクの1と0を逆に考えて設定するか、DIPスイッチを180°回転させて取付けなおす必要があります。

 ebayやAliExで見るDIPスイッチ式の製品はスイッチ上側でONになるようなので同様の問題が発生するはずです。

TL886用の大容量UV-EPROM用アダプタ


★追記 2021/06/04
 「TL866II アダプタのスイッチ交換と半田吸取器」の記事にアダプタのDipスイッチ交換に関して記載しました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー