SSブログ
English Version

レトロマイコン86ボードの構想(その20)ケース作成2 [8086]

 「レトロマイコン86ボードの構想(その19)ケース作成」で書いた下図のケースのパネルについて「光造形式3Dプリンタの購入(その6)Pic24V20のパネル作成」で書いたように光造形式3Dプリンタを使って試験的に透明レジンで作成しました。

Pic24V20ケース(レジン製パネル)


 しかし、レジンは氷河のように長時間掛けて変形してしまいます(硬化時間が足りなかった可能性もありますが)。
 ドライヤーで温めて修正することも可能なようですがその分、手間がかかります。

 そこで適材適所ということで久々にCNCで切削しました。
 材料は百均で購入したスチロール製のディスプレイスタンド(実際に使用したのは倍の長さのもの)から平板を切出して使用しています。

 作成手順の概要は以下の通りです。
  1. 3DCAD(DesignSparkMechanical)で設計
     3DCADで設計し、パネルの部分をDXFファイルで吐き出します。

  2. Estlcamで設定&NCファイル作成
     EstlcamでDXFファイルを読込み、ネジ穴、文字、アウトライン等の切削条件を設定します。文字自体はDXF化せずにEstlcamの文字描画機能で作成しています。
     全てのパーツの設定が完了したらNCファイルとしてセーブします。

    Estlcamでの設定画面例

  3. NCVCでNCファイルの確認
     生成されたNCファイルをNCVCを使って確認します。再生機能や早送り機能があるので確認が楽です。

    NCVCの画面例

  4. CNCルーターで切削
     確認したNCファイルをgrblControlで読込んでディスプレイスタンドから切り出した平板を切削します。
     切削中はエンドミルに適宜潤滑オイルを供給し、パネルが溶けてエンドミルに絡みつかないようにします。

    grblControl画面例



 手順は以上の通りですが、今回はCNC用のACアダプタが故障していたり、スピンドルモーターのサポート部が破損し、3Dプリンタでサポート補助パーツを作ったりで色々手間がかかりました。

 FDM方式や光造形式の3Dプリンタは夜中でも造形できるのですが、このCNCだけは音が大きくて日中しか動かせません。

 今回はケース側面部分もPETG(グレー)で再作成して見ました。
 出来上がったケースが下の写真です。やはりCNCで作成したパネルはいいですね^^

Pic24V20の新ケース



[TOP] [ 前へ ] 連載記事 [ 次へ ]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フィラメントの湿気対策(その3) [3D_printer]

 「フィラメントスプールホルダの製作(その2)」で書いたようにドライボックス内で運用し易いことを考慮した新しいホルダを作成したので「フィラメントの湿気対策(その2)」の記事で書いたドライボックス内のホルダと交換しました。

 今回は懸案であったシリカゲルの格納場所の対応をメインに書きたいと思います。

 始めに水切り袋に入れたシリカゲルを入れるのに適当なケースを百均で探しましたが見つかりませんでした。

 そこでシリカゲルを入れるドライボックス用のポケットを自作することにします。風通しの良さを考慮し、下図のようなデザインにしてみました。
 穴部分の繰り返しパターンについては以前、携帯ケースを作成する際に行ったようにOpenJSCADあたりで作成し、3D CAD(DesignSparkMechanical)に持ってきた方が楽なのですが、今回は簡単な形状なので手打ち&コピペで入力しました。

シリカゲルポケット(CAD)


 ABS樹脂であれば積層間の接着力が弱いのでこのような設計にはしませんが、今回は積層間の接着力が強いPETGフィラメントを使うので問題ないと思います。

 サポート材無しで出力できるようにしてますが、このような形状はレイヤ毎に印刷するFDM方式のプリンタでは下図のように印刷時間がかなりかかりますが3Dプリンタを静音化済みなので気兼ねなく印刷できます^^

 因みに積層幅は0.2mmで設定していますが、0.3mmに変更するとスライサーでエラーが発生しました(この程度の細かい穴形状は0.3mm以上ではg-code化できない?)。

プリント時間


 印刷結果が下の写真です。PETGフィラメントなので糸引きだらけにならないか心配でしたが問題ありませんでした。
 壁厚が1mmなので少しフニャっとていますが強度的にも大丈夫そうです。

シリカゲルポケットの出力結果


 ドライボックス(お米用の密閉容器)内はツルツルしているのでホルダの底面部にゴムを貼り付けました。また「中華製コンパクト温湿度計の購入」の記事に書いた温湿度計をホルダに取付けました。

ホルダ底面 温湿度計の取付


 今回作成したシリカゲル用ポケットの取付に間しては下の写真のようにドライボックスにM3ネジを両側からナットで固定し、ポケットを引っ掛けられるようにしました。

ポケット取付け用ネジ


 ポケット取付後の状態が左下の写真です。
 水切り袋に入れたシリカゲルをポケットに格納したドライボックス内の状態の写真が右下です。

ポケット取付 ドライボックス内部状況



 今回作成したシリカゲル用のポケットと温湿度計取付け用アタッチメントのSTLファイルは下記からダウンロード可能です。
 商用目的以外であれば使用可能とします。




[TOP] [ 前へ ] 連載記事 [ 次へ ]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フィラメントスプールホルダの製作(その2) [3D_printer]

 「フィラメントスプールホルダの製作」の記事で書いたセンターホールサポート式のホルダを「フィラメントの湿気対策(その2)」で書いた湿気対策用のドライボックスに入れて運用していると以下の問題が見えてきました。
  1. 特に新品のフィラメントの場合、フィラメント交換の際のエクストルーダーにフィラメントを入れる時にフィラメントがスプールの外側に外れるのを防ぎながらの作業になるので作業性が悪い
  2. フィラメントのリトラクション(結構多めに設定している)時にスプールに対するフィラメントの巻きが緩む。
  3. スプール内で重い方が下になっている時間が長く、たまに半回転するような動きになることがある。
  4. 上記の2,3の状態が続くとフィラメントが10ターン程度ゆるゆるの状態になる(新品のフィラメントの場合、リール外に外れないか心配になる)

 2~4のケースは実はエクストルーダーに対するホルダ側の負荷が最小に近い状態でTPU等のフレキシブルなフィラメントを使う場合には寧ろ理想的な状態かもしれませんが、上記1の問題も考慮し、スプールの淵をサポートする外周支点型ホルダを作ってみました。

 今回作成したホルダのCAD表示が下の図です。
 ベアリングの低抵抗を生かすために滑車の原理を考慮し、スプールの淵を受けるポール部はある程度大きな径にしました。

新ホルダ 新ホルダ(裏側)


 ポールは出力精度と強度をキープするために2分割して出力し、瞬間接着剤で接着しています。今回使用した主なフィラメントはPETGですが、PETG用の接着剤が手持ちで無かったためポール部分はABSフィラメントで出力しています。

ポールの接着


 3Dプリンタで出力したホルダパーツが下の写真です。
 「デルタ式3Dプリンタの静音化」の記事で書いたようにステッパーのドライバを変更することで3Dプリンタを静音化したので夜中でも出力ができるようになり、プリンタの稼働率が以前よりかなり上がりました^^

出力したホルダパーツ


 下の写真は組立後の写真です。
 裏面の接合部もきっちりハマっています。PETGの場合、積層間の接着力はABSと比較し、かなり強いのでこのような組立構造の場合に使うフィラメントとしても適していると思います。

完成したホルダ 完成したホルダ(裏側)



★2020/08/17 追記 {
 実際に使用してみるとスプールの淵がスリップして受け側のポールが回らないことがあったのでポールの径を大きくすることでスムーズに回るようになりました。

改善版(CAD) 改善版
}


 今回作成したスプールホルダのSTLファイルは下記からダウンロード可能です。
 使用したベアリングは外径19mm、幅6mm、内径6mmの品番 626ZZ のものです。
 商用目的以外であれば使用可能とします

★2020/08/19 Ver0.03
 ポール表面の微妙な凹凸でスリップするようなのでポール分割を一体化し、ベアリング結合部を分割することでポール表面をきれいに出力できるようにした
★2020/08/17 Ver0.02
 ポール径を大きくし、淵のスリップ問題に対処






[TOP] [ 前へ ] 連載記事 [ 次へ ]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中華製コンパクト温湿度計の購入 [3D_printer]

 「フィラメントの湿気対策(その2)」の記事で書いたようなフィラメントの湿気対策をする場合、効果確認のために湿度を計測したいものです。

 Amazonで1個200円程度のLCD表示の温湿度計があったので2個買ってみました。

 届いた温湿度計が下の写真です。
 精度などの仕様は書いてなかったのですが、2個並べると個体差が少しありますが同じような値を示しています。

購入した温湿度計


 室内に常設しているもっと高価な温湿度計(温度の値はアルコール式温度計の値とほぼ同じことを確認済み)と比較したのが下の写真です。
 今回購入したものは常設のものより温度も湿度も高めです。

常設の温湿度計との比較


 調整できるものなのか確かめるために中を開けてみました。
 ネジ止め箇所は無く、フックで引っ掛けているだけなので簡単に分解できます。
 コントロール基板にはシルク印刷で「+3% -3%」と書かれた二つのソルダジャンパがあり、二つともオープンな状態でした。
 そこで「-3%」の方のジャンパ(右の写真で赤丸マークを付た部分)を半田で接続してみました。

温湿度計のパーツ コントロール基板


 -3%の設定にした結果、下の写真のように常設の温湿度計の値と比較し、湿度と温度の値がともに差が小さくなりました。

 今回購入した温湿度計はコントロール基板上にあるソルダジャンパで±3%の調整が可能なのでリニアリティ等の精度を考えなければ1.5%以内までの誤差に設定可能なようになっているようです(設計上、それ以上の個体差は無いものと判断したのでしょう)。

 安価なものは上記のような補正を行わずに販売されているのかもしれませんね。

常設の温湿度計との比較(調整後)



 リンクを貼っておきます。ちょっと値上りしてますね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フィラメントの湿気対策(その2) [3D_printer]

 約6年前に「フィラメントの湿気対策」の記事で使用中のフィラメントをビニール袋で囲む湿気対策について書きました。
 しかし、ビニール袋は強度が弱いことなどから常用するまでには至りませんでした。

 また、「TPUフィラメント対応とフィラメントの湿気対策」の記事ではフィラメント保存時の湿気対策について書きました。
 今回は「フィラメントスプールホルダの製作」の記事で書いたフィラメントスプールホルダとお米用の密封容器を使った使用中のフィラメントの湿気対策について書いてみます。

  1. フィラメントスプールホルダの高さ調整
     使用する容器の選択が大きな課題の一つですが今回は値段が割合安いお米用密封容器である岩崎 食品保存容器の10リットルのものを使用しました。
     「フィラメントスプールホルダの製作」の書いたホルダは高さに無駄があったので直径200mmのリールに対応できる範囲で高さを調整しました(記事内容もアップデートしました)

  2. ホルダの固定
     密封容器の中はツルツルでホルダ位置が定まらないので専用のフットパーツを作成し、ホルダに取付けました。
     裏側には滑り止めのために幅の広い輪ゴムを切って貼りました。

    ホルダ用のフットパーツ(表) ホルダ用のフットパーツ(裏)

  3. ホルダの収納
     滑り止めの足を取り付けたホルダを密封容器に入れます。容量に余裕がありますが、いろいろなサイズのフィラメントがあることを考えると10リットル当たりのサイズがちょうどいいのではないでしょうか?

    ホルダ格納状態 ホルダ格納状態(蓋を閉じた後)

     フィラメントの出し口には六角ナットでチューブカップラーを取り付けました。

    チューブカップラーの取付

  4. プリンタへ接続
     テフロンチューブを使ってエクストルーダーに接続し、完成です。
     使用したテフロンチューブは予備のホットエンド購入時についていたものでくねくねの癖が付いているのでフィラメント通過時に若干抵抗がありましたがそのうち癖がなくなりスムーズになると思います。

    プリンタへ取付た状態

     湿気対策ボックスの中にはシリカゲルと湿度計を入れました。下の写真は入れた直後のものですが約2時間後に確認したところ湿度は25%程度でした。

     また、シリカゲルは水切りネットに入れていますが、きちんと箱を作った方が良さそうなので今後の課題とします。

    ボックスの中の様子






[TOP] [ 前へ ] 連載記事 [ 次へ ]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー